有功会会長による挨拶 7月24日(水)、鹿児島市において鹿児島県赤十字有功会総会が開催されました。

 

 赤十字有功会は、日本赤十字社の有功章を受章された方々で組織され、赤十字活動を支え、事業の推進に奉仕すると共に、会員相互の親睦をはかることを目的としています。

 

 

(写真:有功会会長による挨拶)

 

 総会には、会員47人(社)が出席し、平成24年度の有功会事業、記念講演の様子収支決算の報告や、平成25年度事業計画案、収支予算案のほか、肝付地区選出理事の辞任に伴う後任理事の選出について審議が行われ、いずれも原案どおり承認されました。

 

 また、記念講演では、鹿児島経済研究所の福留一郎氏をお招きし、「最近の鹿児島県経済について」と題して講演が行われました。九州新幹線全線開通による影響や県内の人口減少の経済への影響などを分かりやすく

(写真:記念講演の様子)

述べられ、会員の皆さまは熱心に聞き入っておられました。