9月6日(土)、7日(日)、13日(土)の3日間、鹿児島市の磯海水浴場にて赤十字水上安全法救助員Ⅱ養成講習を開催しました。

 

 赤十字水上安全法は、水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、水の事故防止、溺れた人の救助、応急手当などの知識と技術を学びます。

 

 その中で今回開催された救助員Ⅱ養成講習は、プールで行われる救助員Ⅰ養成講習とは異なり、特に海や河川などの自然環境下での事故防止の知識や救助方法等の技術を学びます。受講者の皆さんは初日は真夏日、最終日は小雨模様で気温も下がる中と、激しく変わる気候にも拘らず、一生懸命受講されていました。

 

 今回学ばれたことを、職場やプライベートの活動の中で活用され、水の事故防止につなげて頂くことを願ってやみません。

 

 日本赤十字社鹿児島県支部ではこの他にも人命を守るための知識と技術をお伝えする様々な講習を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 水上安全法Ⅱ

 

水上安全法Ⅱ

 

水上安全法Ⅱ