日本赤十字社鹿児島県支部では、日頃から県内外のさまざまな救護訓練や各種研修に職員を派遣しながら、救護体制の整備に努めています。

 

 「救急の日」にあたる年9月9日、平成27年度多数傷病者事故対応訓練が、鹿児島市新栄町の鹿児島市消防総合訓練研修センターで実施され、鹿児島赤十字病院の医師、看護師等から成る救護班と、支部事務局から連絡調整員がこの訓練に参加しました。

 

 コンサート会場内で粉塵爆発が発生し、多数の観客等が負傷したという想定で訓練は行われ、災害現場内部や傷病者の詳細等は事前に知らされず、ひとつひとつ確認しながら実際の災害に近い形で参加者は活動しました。

 

 参加者がそれぞれの役割に基づき活動する中で、消防、鹿児島市医師会、鹿児島県DMATと情報の共有方法、連携を確認する大変有意義な訓練となりました。

 

 150909kunren01 150909kunren04 
 

救護班到着を連絡調整所に報告

 

 他機関と連携して活動

 
         
   150909kunren03    150909kunren06  
 

 救護所内の様子

 

負傷者の手当てをする看護師

 
         
  150909kunren05      
 

活動前後のミーティングも重要です