2月7日(土)、赤十字会館において、小学生を対象に、「青少年赤十字一日リーダーシップ・トレーニング・センター(一日トレセン)」を開催しました。

 

 日本赤十字社鹿児島県支部では、赤十字や青少年赤十字の精神について理解を深め、リーダーとしての資質や態度を育成して、各学校の青少年赤十字活動や生徒会・児童会活動などの一層の進展を図る目的で、毎年、小・中・高の校種毎に開催しています。

 

 各学校から参加された児童の皆さんは、「赤十字について知り、防災について自分から進んで学ぼう」をテーマに、グループワークや実習を通じて学校を越えた交流を行い、青少年赤十字活動に対する理解を深めていました。

 

 参加した児童たちからは、「他校の人と友だちになり、楽しかった。」、「災害や防災など、トレセンで学習したことを学校や家でも実行したい。」などの声がありました。

 

※トレセンとは、児童・生徒のリーダーを養成することを目的とした体験学習のことです。

 

小学校 一日青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター

H26 小1日トレセン写真