日本赤十字社鹿児島県支部では、日頃から県内外のさまざまな救護機関が参加する訓練や各種研修に職員を派遣しながら、救護の体制を整えています。

 

 

 「救急の日」にあたる年9月9日、鹿児島市新栄町の鹿児島市消防総合訓練研修センターで「平成26年度多数傷病者事故救急訓練」が実施され、災害派遣医療チーム(DMAT)として鹿児島赤十字病院の医師、看護師、業務調整員等がこの訓練に参加しました。

 

 

 普通自動車2台とバスの多重衝突が発生し、普通自動車及びバス内に多数の負傷者が発生したという想定で訓練は行われ、災害現場内部や負傷者の詳細等は事前に知らされず、ひとつひとつ確認しながら実際の災害に近い形で参加者は活動しました。

 

 

 消防、鹿児島市医師会、鹿児島県DMATがそれぞれの役割に就きながら連携を確認する大変有意義な訓練となりました。

多数傷病者事故救急訓練 

多数傷病者事故救急訓練

 

多数傷病者事故救急訓練

 

多数傷病者事故救急訓練