今年も、8月23日(土)に鹿児島港本港区で行われた、第14回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会の救護所に、鹿児島赤十字病院の医師、看護師を中心とした救護班を派遣しました。

 

 また、救護班をサポートするため、職員3名と、赤十字安全奉仕団員6名、青年赤十字奉仕団員4名も参加しました。

 

 会場では、同じく救護業務で派遣された鹿児島市医師会と鹿児島市立病院の医療スタッフとともに、一般来場者のけがや急病の対応にあたりました。

 

 救護所には、擦過傷や切創、頭痛や気分不良を訴える多くの方々が訪れましたが、救護所内で休養していただくなどの対応で回復し、大きな事故もなく無事に救護業務を終えることができました。

140823sumernight2

 

140823sumernight3